eiga.commichael forever 6.25 memorial roadshow

マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔

あなたの知らない 素顔のマイケルが ここにいる
introduction

突然の悲しみから一年、マイケルの貴重なフィルムが遂に解禁。
彼はいま、私たちのすぐそばにいる。

2009年6月25日。ひとりの偉大なミュージシャンの死に、世界中が悲しみに包まれた。キング・オブ・ポップ――マイケル・ジャクソン。
社会現象にまでなった映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の世界的大ヒット、ソニーがMJ財団と交わした約225億円の権利契約など、急逝の後も彼が与える影響力は計りしれない。 数多くの映像や活字が、いまなお彼の足跡をたどり、彼の功績をたたえている。しかし、私たちが目にするのは、イメージばかり増幅された、偶像としてのポップスターの姿。それは、晩年の彼が苦悩した、「メディアが取り上げる自分は本当の自分ではない」という葛藤を消し去るものでは決してない。



マイケル、本当のあなたはどんな人だったの?

この作品は、彼自らもっとも信頼するマネージャーに依頼し撮影された、貴重なフィルムである。カメラが密着するのはマイケルの真実の私生活。彼はくつろいだ雰囲気のなか、かつて見せたことのない素顔を、初めて私たちの前にあらわしてくれる。監督のオーダーに応じ、ピンマイクを付けて収録された、彼の日常会話の数々。故郷をおとずれ、周囲の人たちとふれあう彼の優しい表情や、親しい招待客に囲まれたバースデイ・パーティーで、生クリームを塗られおどける彼の笑顔が、ここでは生き生きと記録されている。彼が夢見た理想郷、ネバーランドの様子を写した貴重な映像を観れば、彼が生涯忘れることのなかった純粋さをあらためて痛感する。周囲の好奇の視線にさらされていた時も、彼はいつものようにほほえみ、そしてみんなを心から愛していたのだ。
カメラを通じて、マイケルが私たちに伝えたかったこと。それは、彼もひとりの人間であり、つねにみんなの親愛なる友人だったということだ。その切実なメッセージが、大きな悲しみを乗り越えて、ようやく私たちのもとに届けられる。

Presented by Flamingo Features Directors : Marc Schaffel & Austen Tayler  Producers: Shaye Sullwold & Bob Niemack
Editor:Mary Ann Skweres Sound Producer/Sound Editor : Bob Bayless Executive Producer : Austen Tayler   
配給:スターサンズ 提供:スターサンズネルケプランニング 配給協力:ビターズ・エンド 技術協力:(株)デジタルアクト
原題:Michael Jackson Commemorated /2010年/アメリカ映画/カラー

(C)Flamingo Features, All copyrights reserved
Photo by Frank Micelotta/Getty Images

powered by 映画.com :映画.com人気映画ランキング映画館検索海外ドラマ